当サイト一押し!おすすめクレジットカード

SoftBankカードでEdy・nanacoをチャージ、QUICPay利用も便利

SoftBankカードは通常利用で
100円につき1ポイントがたまる(還元率1%)カードです。

還元率1%というのは、クレジットカードの還元率では
結構高いほうです。(一般的には0.5%~1.0%が多い)

そんなSoftBankカードですが、
しっかり活用すれば、実はもっともっと
ポイントがたまる優れたカードなんです☆

楽天Edyチャージでポイントがもらえる

楽天Edy

楽天Edyが使える店の例

電子マネーの代表格ともいえるEdy。

2012年に楽天Edyとして楽天が買収してから
Edyチャージによりポイントが付くクレジットカードが
軒並み無くなっていきました。

しかしそんな中、このSoftBankカードでは
楽天Edyへチャージをしてもポイントガもらえるんです \(^▽^)/

これはすごいことです☆

なぜかって?

それは、楽天Edyへチャージして
楽天Edyで支払いをすることでポイントが2回もらえるからです (=⌒▽⌒=)

楽天EdyへのチャージでSoftBankカードのポイントが付き、
さらに楽天Edyで支払えばその分もしっかりポイントが付きます。

SoftBankカード(1%分)+楽天Edy(0.5%分)
と、合計で1.5%分のポイントがもらえる訳です♪

nanacoチャージでポイントがもらえる

nanaco

セブンアンドワイの電子マネーnanaco。

電子マネーとしてはEdyより後発ですが、
今ではかなり使える店も増えてきました。

SoftBankカードは、nanacoへのチャージでも
ポイントがもらえます。

チャージしたnanacoで支払いをすれば、
楽天Edy同様、ポイントが2回もらえるというわけですね♪

QUICPayでの支払いも可能

簡単便利なQUICPay

QUICPayはポストペイ型(後払い型)に分類される電子マネーで、
事前チャージ不要で利用することが可能です。

QUICPayはクレジットカードに紐付けされますので
QUICPayで支払った金額は、後ほどSoftBankカードの利用分と
一緒に請求されます。

QUICPayでの支払いでも、きちんと1%分のポイントは付きますので
少額の決済であれば、QUICPayを利用してもいいでしょう。

9日にQUICPayで支払いをすると抽選でキャッシュバックになったり、
イオンで19日にQUICPay利用するとキャッシュバックになったりと
QUICPayのキャンペーンも色々と実施されています。

※ QUICPayについてはこちらの記事を参考にしてください。

上手な使い分けを

税金などコンビニ払いを利用する場合はnanacoで支払うなど、

店によって、クレジットカード、楽天Edy、nanaco、QUICPayを
上手に使い分けていきましょう。

電子マネーを使えばよりお得なSoftBankカード、申し込みはこちらからどうぞ☆
↓↓↓
SoftBankカードのお申し込みはこちらから

2013/10/22 | カテゴリー:SoftBankカード


この記事はあなたのお役に立てましたか?
この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
ブログ村ランキングへの応援ボタンをクリックして頂けると嬉しいです (^^)
にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
本日の応援クリック有難うございました m(_ _)m ペコッ

あわせてに読みたい関連記事