当サイト一押し!おすすめクレジットカード

auじぶんcardのカード発行会社比較☆

auじぶんcard

auじぶんcardは、以下4つのクレジットカード会社が発行しています。

auじぶんcard発行会社

  • クレディセゾン
  • MUFG(三菱UFJニコス)
  • TS3(トヨタファイナンス)
  • JCB

この中で、トヨタファイナンスJCBは現在
新規入会申し込みを受け付けていません。

ですので、新規でauじぶんcardを持ちたいのであれば
クレディセゾンMUFG(三菱UFJニコス)のカードを
申し込むことになります。

それでは、この2社が発行するカードについて順に説明していきます。

auじぶんcardセゾン

auじぶんcardセゾンの申し込みはこちら

年会費が永年無料であるauじぶんcardセゾン。
特徴は以下になります。

  • 年会費永年無料
  • 国際ブランドはVISAのみ
  • 100円毎に「じぶんポイント」1ポイントがたまる
  • 家族カード発行可(年会費無料)
  • ETCカード発行可(年会費無料)
  • 楽天Edy・nanaco・モバイルSuica・ICOCAチャージでポイントがたまる
  • QUICPay利用可能
  • ICチップ非搭載
  • ショッピング保険なし
  • 旅行傷害保険なし
  • 月300円からのオプション保険「Super Value Plus」の加入が可能
  • 毎月5日と20日は西友・リヴィン・サニーで5%OFF
  • その他クレディセゾン提携ショップの優待や割引が受けられる
  • 申込資格:18歳以上(高校生不可)、かつ電話連絡可能な方

auじぶんcard MUFG(三菱UFJニコス)カード

auじぶんcard MUFGカード

auじぶんcard MUFGの特徴は以下になります。

  • 初年度年会費無料
  • 次年度以降年会費は1,312円条件により無料になる)
  • 国際ブランドは VISA, MasterCard から選択
  • 100円毎に「じぶんポイント」1ポイントがたまる
  • 家族カード発行可(年会費420円:条件により無料になる)
  • ETCカード発行可(年会費無料、新規発行手数料1,050円)
  • nanaco、楽天Edy・モバイルSuica・ICOCAのチャージでポイントがもらえない
  • (auケータイユーザー限定で)QUICPay、Visa Touch、Smartplus利用可能
  • ICチップ搭載
  • ショッピング保険:上限200万円
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円、国内旅行傷害保険:最高1,000万円
  • 中国旅行に安心、銀聯(ぎんれん)カードが同時に持てる
  • 申込資格:18歳以上でご本人または配偶者に安定継続収入がある方

MUFGカードで次年度以降の年会費が無料になる条件は、
以下のようになります。

  1. au料金(KDDI利用料金)をauじぶんcard MUFGカードで
    1度でも支払いをした場合
  2. 年間で10万円(税込)以上auじぶんcard MUFGカードで
    支払いをした場合

上記の内、いずれかを満たせば次年度の年会費が無料になります。

どちらの会社のカードを選ぶべきか?

上述したように、セゾンとMUFG(三菱UFJニコス)では
若干仕様が異なります。

特に違う点は6点。

  • 年会費
  • ICチップの搭載
  • 旅行傷害保険
  • ショッピング保険
  • 電子マネーのチャージ
  • セゾン優待

これらになります。

MUFG(三菱UFJニコス)のカードだと年会費が必要な分、
付帯サービス(旅行傷害保険・ショッピング保険)が付きます。

しかし、年会費が必要といっても、年間10万円以上の利用か
au料金(KDDI利用料金)をauじぶんcardで支払えば
年会費が無料になりますので、これらの条件を満たす場合は
MUFG(三菱UFJニコス)カードを選択しても何ら問題はありません。


ICチップ

ICチップに関して、当然ICチップは搭載していたほうが
セキュリティも高く使用上も便利なので、
ICチップの面からするとMUFG(三菱UFJニコス)が有利にです。

ICチップが搭載しているカードであれば、店での買い物時
クレジットカードを専用機器に挿し数字4桁の「暗証番号」入力で
決済がスピーディーに完了します。

※ ICチップの詳細はこちらで確認できます。


とはいえ、セゾンカードであれば
年会費は家族カードも含め永年無料ですし、
セゾン優待も魅力です。

毎月5日と20日は西友・リヴィン・サニーでの買い物が
5%OFFになる他、セゾンと提携しているショップやホテル、
レジャー施設などで割引や優待サービスが受けられます。


旅行保険付帯やICチップで選ぶならMUFG(三菱UFJニコス)
年会費、電子マネーチャージ、セゾン優待で選ぶならクレディセゾン

というように、あなたの利用シーンに合わせて選べばいいと思います☆

■ auじぶんcard MUFG(三菱UFJニコス)の詳細はこちら
auじぶんcard MUFG

■ auじぶんcard セゾンの詳細はこちら
auじぶんカードセゾン

2013/10/25 | カテゴリー:クレジットカードの比較


この記事はあなたのお役に立てましたか?
この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
ブログ村ランキングへの応援ボタンをクリックして頂けると嬉しいです (^^)
にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
本日の応援クリック有難うございました m(_ _)m ペコッ

あわせてに読みたい関連記事